短小包茎の悩み解消.com

短小包茎のお悩み解決サイト

短小?包茎?ペニスにまつわるエトセトラ

男性にとってペニスは男性のシンボルと言っても過言ではありません。
女性のバストに近いものがあるでしょう。
そのため、ペニスの形や大きさに敏感になってしまいます。

ここではまず、ペニスサイズの概要と、短小や包茎などのペニスの状態について解説します。

世界のペニスサイズと日本の平均

男性が気になる性器問題として多いのが、ペニスサイズについてです。
サイズと言っても太さではなく長さを気にすることが多いのです。
長さを重要視されているのは、包茎との兼ね合いもありますし、性行為するとき膣の奥まで挿入できることが関係しているとされています。

男性なら誰しも気になるものですが、男性同士でペニスを比較することは少ないです。
平均サイズが分からないため、自分のペニスに自信を持って良いものかどうか判断がつかないと悩んでしまいます。
その判断材料としては、いろんな企業団体が世界のペニスサイズの平均を調査した結果を参考にすることができます。
調査の仕方によってその結果に多少の誤差が生じてしまいます。
しかし、どの調査も地域性について一定の共通性を見出すことができます。

世界の平均ペニスサイズ比較

基本的に世界のなかでペニスサイズの平均が大きいのは、ヨーロッパと南米が上位にランクインされています。
そのサイズは16cmから18cmとなっています。

その次が欧米です。
比較的大きいイメージを抱いている人が多いのですが、ヨーロッパ、南米には負けています。
そのサイズは12cmから17cmとなっています。

欧米の下にアジア圏、つまり日本がランクインしています。
アジアの平均サイズは9cmから13cm、日本では11cmから13cmが平均となってます。

とりあえず、日本人ならば12cmあればペニスについて自信を持っていいでしょう。

【平均ペニスサイズ】

第1位
ヨーロッパ/南米
→16cm~18cm

第2位
欧米
→12cm~17cm

第3位
アジア圏
→9cm~13cm

※日本人男性の平均ペニスサイズ
11cm~13cm

地域によってペニスサイズに違いがあるのは、いろんな要因があるとされています。
遺伝的なものもあれば、気候や気温などの環境によるもの、さらには食生活にも関係があるとされています。

特に最近では食生活に注目が集まっています。
なぜならば、遺伝的要因や環境的要因ではどうにも抗うことができませんが、食生活なら改良する余地があるからです。

もちろん、食生活だけでなくサプリメントなどの健康食品でもいいわけです。
実際に最近ではペニスを大きくするサプリメントなどが販売されているほどです。

このように、ペニスの大きさはいろんな要因があり、それを改善することでさらに大きくなる可能性もあるのです。

そのため、世界のペニスサイズにも今後変化が起こる可能性も十分にありえます。

この先も調査は進められていくので、もしもペニスの大きさが気になる人はその結果に注目していくべきでしょう。

弛緩時と勃起時におけるペニスの膨張率比較

人の男性器はその他の霊長類の中でもかなり大きなサイズを誇っています。
ただそのサイズ自体は人それぞれ個人差があり、大きな人もいれば小さな人もいます。

また、男性器はいつも弛緩している状態ではありません。
勃起するとそれよりもサイズが大きくなります。

では、その時のペニスの膨張率とはどのようになっているのでしょうか。

日本人と欧米人の膨張率比較を例に解説します。

勃起時のペニス膨張率と硬度

そもそも勃起とは、男性器の中にあるスポンジみたいな組織である海綿体に血液が集まってきて立ち上がる状態の事を言います。
ただこれは人間等に関するもので、種類によってそう限っているわけではありません。

一般的に勃起すると男性器はかなりサイズアップするもので、その時のアップする割合の事を膨張率と呼びます。

人間の場合は性的興奮を覚えた時等に起きる現象ですが、朝起きた時や日中急に起きる、尿が膀胱にたまったりした時も起きる現象です。

また同じ条件でも起きる時、起きない時があるので、肉体的な刺激だけでなく、精神・心理的なものや、体調等も深く関係しています。

ところでこの膨張率ですが、例えば日本人と欧米人では違うのをご存知ですか?

平常時、つまり弛緩している状態の時の平均サイズは以下のようになります。

欧米人は日本人男性に比べると、長さ、太さともに勝っているのです。
特に長さに関しての1cmは、人それぞれで感じ方も違いますが結構差があると感じる事もあります。

ただ、勃起時のサイズが同じというわけではありません。
同じ感じであれば欧米人の方が長く太くなるわけですが、実はそうとも限らないのです。

その差を生み出しているのが膨張率の違いです。

つまり、弛緩時のサイズ(もともとのサイズ)の場合は欧米人の方が大きいのですが、実際に勃起した時は逆転することもございます。

また日本人の方が欧米人よりも男性器自体の固さがかなり増すとも言われているのです。

勿論、膨張率に関してもかなりの個人差があり、一応平均的には3.5倍となっていますが、1倍から3倍程度の人も大勢います。
従って、硬くはなるけれど、大きさ自体はそれほど大きくならないという事も少なくありません。

ただ、平均的な物を見ると、大体それくらいになっているという事を知っておきましょう。

膨張率をさらに引き上げたいという方は、個人輸入代行通販サイトなどで販売されているペニス増大サプリを服用することで血行がよくなり、膨張率が増す可能性があるようです。
興味があればこういったものを試してみるのも良いかもしれません。

男性が抱える短小・包茎・早漏の悩み

男性が持つ、人に言えない悩みの中で多く挙げられられるのは、頭髪の悩みと性器の悩みで占められています。

特に性器の悩みは、他人と比べにくいし、女性に嫌われるのではないかと真剣に悩んでいる方も多いです。

性器の悩みとしては、短小や包茎、早漏などがあります。
短小包茎と早漏は密接な関係もあります。

短小と包茎の関連性

まず短小と包茎ですが、短小とは字のごとくペニスが小さい事です。
普段の状態が小さくても、勃起した時にそれなりに大きくなればいいのですが、普段から小さいペニスは勃起してもある程度は知れている大きさにしかなりません。

この短小が原因で、包茎にもなりやすくなっています。
何故かと言うと、ペニスが小さい為に、皮が余ってしまい亀頭を覆ってしまうからです。

包茎については下記のペニス悩み相談というサイトに非常にも分かりやすく記載されていますので参考にどうぞ。

日本人男性の60%~70%が包茎と言われており、大半の男性が抱えている悩みです。
しかし周囲の男性も包茎だからといって安心していてはいけません。
そのまま放置しておくとセックス時はもちろんのこと、日常生活のあらゆるところでも様々なデメリットが起こり得ます。

(参考出典:包茎の種類と包茎手術の体験談|仮性包茎、真性包茎、カントン包茎

一般的に包茎には、仮性包茎と真性包茎に最近ではカントン包茎もクローズアップされています。

仮性包茎ならば、普段の時だけ包茎で勃起した時は亀頭が出るのでまだ心配は少ないですが、真性包茎やカントン包茎は、勃起した時でも亀頭が出る事はなく、カントン包茎にいたっては、痛みすら感じるので本当に厄介な物です。

短小が先か、包茎が先かは断定出来ませんが、短小と包茎がセットになっている方も多いので、短小包茎と一括された悩みにもなっています。

短小包茎と早漏の関連性

この短小包茎と早漏にも因果関係があります。
と言いますのも、包茎で普段から亀頭への刺激が少ない為に、セックスの時、女性へ挿入した時の気持ちよさが我慢出来なくなり、女性が喜んで感じ始める前にひとりだけ先に射精してしまうのです。

ですから、短小+包茎=最悪となってしまうのです。

仮性包茎の方も、普段から意識して亀頭を出すように努力していればまだましなのですが、真性包茎やカントン包茎の方は、そういう訳にもいきません。

つまり男性性器の悩みは、短小や包茎に早漏と色々ありますがどの悩みにも通じる物があり、早漏だけの悩みならまだ自分の力だけで克服する事も出来るかもしれませんが、短小包茎は自分の力だけでは克服する事が出来ないと言う事です。

真性包茎の方が、自己流で無理矢理に亀頭を出そうと思っても無理がありますし、下手をすればペニスを傷つけてしまう事もあります。
特にカントン包茎の場合ですと、激しい痛みすら伴ってしまいます。

ではどうすれば、短小や包茎を克服する事が出来るのでしょうか。
それは、恥ずかしがらずに専門医に診察してもらう事です。

ネットで探せば、どの県にも男性の悩みに対する専門医はすぐ見つかります。
恥ずかしいのは、最初に先生と話をする時だけで診察や治療が進むたびに、恥ずかしさより希望の方が大きくなります。

男性自身の悩みは、現在や未来のパートナーの悩みにもなりますのでもし悩んでいるのであれば、勇気を出して専門医の門をたたけば解決できます。

しかしどうしても医療機関のお世話にはなりたくない、なんとか自分で克服したい、という方は下記ページをご参照ください。

短小や包茎を改善する手助けとなるはずです。