短小包茎の悩み解消.com

短小包茎のお悩み解決サイト

短小・包茎の悩み

世の中の男性が持っている、人には言えない悩み。
その多くは薄毛(頭髪)に関する悩みとペニスに関する悩みです。

薄毛とは「AGA(ハゲ)」のことで、ペニスに関してはサイズや形態の悩みです。
薄毛の方は現代では比較的オープンになりつつあり、テレビCMや吊革広告、インターネットでも頻繁に見かけるようになったり、芸人さんやタレントさんが薄毛などをネタにして人気者となった影響で、そこまで恥ずかしいというものではなくなりました。

しかしペニスの悩みについてはほとんどオープンになっておらず、悩んでいる人間は増え続けています。
そんなペニスに関する悩みに関してご紹介したいのが「短小」「包茎」というコンプレックスについてです。

男性であれば誰しも「気にしたことがある」もしくは「今も気にしている」という人がいるのではないでしょうか?
10代の頃に友達と比べて誰が1番大きいか?なんて話をした記憶がある人も少ないはずです。
日本人の男性はペニスに関して興味・関心を持つ生き物なのです。

ここで一つ問題です。
現代の日本人男性で短小や包茎というコンプレックスや悩みを抱える年齢層で、最も多いのはいくつぐらいの年齢の人だと思いますか?
好奇心旺盛な10代でしょうか?異性と関係を持つことが増えるであろう20代でしょうか?
生活が安定してくる30代でしょうか?まだまだ若さを保ちたい40代でしょうか?

実は40代の男性が最もペニスの短小や包茎に関して悩みを抱いているのです。
驚きですよね?では、どうして40代の男性ががそんなに短小や包茎に関して悩んでいるのか、簡単に説明します。
一言でいうと子供の影響と言われています。

40代にもなると子供はある程度の物事に対して理解ができる年齢になります。
すると子供は悪気もなく父親に対して「小さい」と言うそうです。
それが自宅のお風呂で2人のときに言われるくらいならまだマシですが、一緒にスーパー銭湯なんて行ったときに人前で言われたらたまったものではありません。
さらに、父親いないところで母親の前でそういった話をしたりする子供もいるようで、父親としては赤っ恥ものです。

そうしたことなどから40代で「短小」という言葉や「包茎」という言葉に過敏になる男性が増えているのです。
40代にもなって友人とペニスの話をするのもちょっと…と誰にも相談できず悩む人も多いでしょう。
では短小や包茎はどうしたら良いのか?という疑問を解消すべく分かりやすく解説していきます。
まずは短小と包茎について理解をしっかり深めるところから始めていきましょう。

短小と包茎の関連性

まず短小と包茎ですが、短小とは字のごとくペニスが小さい事です。
普段の状態が小さくても、勃起した時にそれなりに大きくなればいいのですが、普段から小さいペニスは勃起してもある程度は知れている大きさにしかなりません。

この短小が原因で、包茎にもなりやすくなっています。
何故かと言うと、ペニスが小さい為に、皮が余ってしまい亀頭を覆ってしまうからです。

包茎については下記のペニス悩み相談というサイトに非常にも分かりやすく記載されていますので参考にどうぞ。

日本人男性の60%~70%が包茎と言われており、大半の男性が抱えている悩みです。
しかし周囲の男性も包茎だからといって安心していてはいけません。
そのまま放置しておくとセックス時はもちろんのこと、日常生活のあらゆるところでも様々なデメリットが起こり得ます。

(参考出典:包茎の種類と包茎手術の体験談|仮性包茎、真性包茎、カントン包茎

一般的に包茎には、仮性包茎と真性包茎に最近ではカントン包茎もクローズアップされています。

仮性包茎ならば、普段の時だけ包茎で勃起した時は亀頭が出るのでまだ心配は少ないですが、真性包茎やカントン包茎は、勃起した時でも亀頭が出る事はなく、カントン包茎にいたっては、痛みすら感じるので本当に厄介な物です。

短小が先か、包茎が先かは断定出来ませんが、短小と包茎がセットになっている方も多いので、短小包茎と一括された悩みにもなっています。

短小で困ること

短小には様々なデメリットがあります。

1番言われるのは、男のたくましさを見ることができずに女性が幻滅するという点です。

実際にそれが原因で、別れたり疎遠になって自信を無くしてしまう男性もいるという報告がありますが、実はほかにもありますから述べていきます。

短小ペニスと女性の満足度

まずセックスそのもので、女性が満足感を得られないという問題が生じます。

女性はセックスの際に満足感を求めます。
アンケートによれば、満足のいく挿入の時間は20~30分といわれていて、その際に包み込むような温かさが必要という意見があります。

つまり、セックスの時は体をあたためるように抱擁をして、膣もペニスで満たすことが重要だということです。
ですから、短小だったり、早漏でペニスが萎んでしまうと、女性が満足できなくなるというわけです。

短小ペニスと病気の危険性

次に、包茎との因果関係から病気のリスクへとつながる問題があります。

ペニスがたくましく勃起しますと皮がむけて亀頭がむき出しになりますが、短小ですと日常的に皮にかぶっている場合があります。
つまりそうなってしまいますと、包茎のデメリットが出てしまいます。

すなわちそれは、様々な白いカスがたまってしまい、カスだけならともかく、変なばい菌までため込んでしまうということもままあります。

そんな状態でセックスをすれば女性が気持ちよくなるどころか、病気まで抱えて不快な思いをしてしまいかねません。

短小の改善に向けて

説明したように、短小には数多くのデメリットが存在します。

ペニスが小さいままだと女性との性生活がうまくいかないというのが主だったデメリットで、そうなれば改善することが望ましいことになります。

それではどう改善するかといいますと、まず食生活を精力がつくウナギやレバーを食べましょう。

そのうえで、骨盤を引っ張る運動を行います。
なぜ骨盤を引っ張るかといいますと、ペニスの3割以上は骨盤に埋まっているからで、これで改善ができます。

包茎で困ること

日本人男性の70%以上が包茎とも言われています。

皮が被っていて恥ずかしい体験をした人もいると思います。

今回は、包茎の状態が続いてしまうことでのデメリットについて解説していきたいと思います。

菌が繁殖する不衛生な包茎ペニス

亀頭に皮が被ってしまっている事で、カリの下の部分にカスが溜まりやすい状態となっています。
なので不衛生であり、また汚いことで病気を招いてしまう可能性もあります。

きちんと剥けている人と比べると、空気に触れる機会が少ないのでジメジメした感じもして雑菌などの繁殖原因にもつながります。

ちなみに包茎ペニスに溜まるカスは、皮脂などのからだのアカ、尿、精子などが残ってしまい蓄積されていきます。

そんな汚い状態のペニスを前戯でフェラしたいと思う女の子は1人もいないはずです…。
きれいな状態を保つのはエチケットにもなります。

異臭を放つ包茎ペニス

汚れが溜まりやすい状態になっているのであれば当然、悪臭を放つ原因にもなっている可能性があります。

とくに若いうちは新陳代謝も良いということもあって、1日で多くの汗をかきます。
からだを1日洗わなければ次の日に臭いがすることありますよね?
それと同じで、丸1日経てばジメジメしていて空気に触れないだけあって相当な悪臭を放つはずです…。

特に夏場は注意が必要です。

的外れな放尿を誘発する包茎ペニス

これは仮性包茎ではなく、カントン包茎や真性包茎の人によく見られる特徴です。

皮がペニスの先っぽまで覆ってしまっているので、尿道が皮で邪魔されてしまいます。
その結果、真っすぐ尿が飛ばなくなってしまい、突然、横道にそれたり、狙った方向に尿を飛ばすことが出来なくなってしまいます。

便器の外に外すこともあるので、掃除する人はたまったもんじゃありません…。

早漏に直結してしまう包茎ペニス

包茎といっても3種類あって、仮性包茎、真性包茎、カントン包茎になり、中でも仮性包茎は早漏になりやすいと言われています。

普段の非勃起状態では亀頭が隠れている状態です。
ですが、勃起状態となると隠れていた亀頭が顔を出すようになります。
刺激に敏感な状態となっていることが多いので、射精までに掛かる時間が大幅に短くなってしまう人もいます。

SEXであまりに早くイッてしまっては、男性も格好が付きませんよね…。

陰茎の発育に悪影響を及ぼす包茎ペニス

包茎はペニスの発育を邪魔してしまう可能性もあります。

日常では剥けていないので、刺激を受けない状態が続いてしまいます。
そうなると、亀頭の成長を邪魔する皮が被っている状態では単純に全体が大きく成長しないなどと言われています。

このように、包茎にはたくさんのデメリットが存在します。
出来る限り早い改善が必要です。

包茎が女性に与える不快感や危険性については下記をご参照ください。