短小包茎の悩み解消.com

短小包茎のお悩み解決サイト

  1. TOPページ
  2. 包茎の改善方法

包茎の改善方法

包茎は見た目も悪いばかりか、陰毛が皮に挟まってしまって痛い思いもします。

包茎であることを放置しても何か重大な病気になることは少ないですが、気持ち的に「恥ずかしい」と感じることが多いはずです。
その後ろめたい気持ちから大切なパートナーとの不仲に発展することもあります。

悩める包茎男性に向け、今回は自力でできる包茎改善方法について紹介します。

包茎を自分で治すために

あくまでも自力がテーマになりますので、根気強さが必要になり、速効性はありません。
また、全ての人に効果がある訳ではないので注意してください。

しかし継続することによって包茎が解消された方がいるのも事実です。

継続は力なり、焦らずに取り組むことが肝要です。

絆創膏による包茎改善法

絆創膏を使ったこの方法は、以外と知っている人も多いかも知れません。
やり方はとても簡単なのですぐにでも実践できます。

①ペニスの皮を剥き、亀頭が露出された状態にします
②次に、皮が戻ってこないように亀頭のくびれた部分に絆創膏を張ります

たったこれだけの手順で改善できる可能性があります。

絆創膏を貼ることで剥けた状態を癖付けすることが目的になります。

また、これを読んでいるのが10代の人であれば、包茎改善以外にも1つメリットがあります。
それは、ペニスが成長するのを抑制している状態を防ぐことができるということです。

皮を被った状態では亀頭は皮に覆われて大きく成長することができなくなります。
なので、この方法で常に亀頭が露出している状態を作れれば、ペニスを大きく成長させることが出来るかも知れません。

引張による包茎改善法

続いてもシンプルな方法です。

ペニスの皮は位置記憶すると言われています。

皮を剥いた状態でからだに向かって皮を引っ張っている人もいますよね?
「剥けた状態になりたい!」と思えば当然の行為だと思います。
ですがそれでは何時まで経っても変化はおこりません。

剥いた状態で引っ張るのはペニスに対して横方向に引っ張るのが有効です。
引っ張ることを根気強く続けると数ヶ月は掛かりますが、剥けた状態を記憶してくれる様になります。

根気はかなり必要ですが、トイレや風呂、自室など、誰にも見られず1人の時間で出来る時にやっておくことが良いです。

包茎を最速で治すには

速効性を求めている人には上記2つの方法は適してはいません。

自力で治す方法ではなくなってしまいますが、すぐに包茎を治したいという方は「手術」を受けるのが手っ取り早い方法です。

しかし、クリニックによっては包茎手術は非常に金額が高いです。

また、包茎の手術においての以下のデメリットも存在します。

・感度が落ちる可能性がある
・皮を切除したことでくっきりツートンカラーになる
・仮性包茎は保険の適応がない

外科的な治療になるのでそれなりにリスクはあります。

手術はしたくないという方は、今回ご紹介した方法で地道に改善していくのが良いと思います。