短小包茎の悩み解消.com

短小包茎のお悩み解決サイト

  1. TOPページ
  2. 包茎の種類と症状

包茎の種類と症状

日本人男性なら、包茎で悩んだ経験を持つ人も多いでしょう。

ですが、これは決して恥ずかしいことではありません。
一説によると、日本人男性の実に70%もの人が、程度の差こそあれ、包茎であるとの調査結果も出ているほどなのです。

そもそも包茎とは何なのか、解説します。

包茎の定義

基本的に生まれたばかりの赤ちゃんは、全員が皮をかぶっています。
大事な部分を皮膚ですっぽりと保護し、大事に大事に守っているのです。

病院によっては、赤ちゃんのうちに親が軽くむいてあげ、清潔にしてあげるよう指導しているところもあります。

その後、ある一定の年齢に達すると、陰茎先端部の皮膚が付け根の方へだんだんと後退し、亀頭が顔を出すようになります。

しかしさまざまな原因により、大人になっても包皮が亀頭に覆われたままの状態であることがあります。
これが包茎と呼ばれる状態です。

3種類ある包茎のタイプ

包茎には大きく分けて、仮性・カントン・真性と呼ばれる3つの種類があります。

以下、それぞれの特徴を記載します。

仮性包茎

包茎の中でも最も割合が多いタイプのもので、普段は包皮がすっぽりと亀頭を覆っています。
手で力を入れれば、簡単に亀頭を露出させることができます。

勃起した際、手を加えなくても亀頭がほぼ自然に露出してくる正常なものから、勃起してもほとんど露出しない重度の症状まであります。

カントン包茎

普段から亀頭が少しだけ露出しています。

ところが、包皮の穴が非常に狭く、無理やり皮をむくと包皮口が亀頭の根元を締めつけ、自力では元通りにできなくなる症状のものを言います。

例えば指を輪ゴムなどできつく締め付けたら、うっ血して大変なことになりますよね。
あれが陰茎で起こっているようなもので、大きく腫れて痛みを伴うこともあります。

真性包茎

包皮口がカントンよりもさらに狭い、または亀頭と包皮が癒着してしまっている場合のことで、普段から手でむいても亀頭が露出することがありません。

亀頭が常に皮に覆われているため、様々な弊害をもたらします。

亀頭の正常な成長を邪魔し、いびつな形にしてしまったり、入浴時などに清潔に洗うことができないため、菌が繁殖して病気になってしまったりします。

当然、正常なセックスは不可能となるので、できるだけ早く手術するのが良いでしょう。

これらのように、包茎には様々な原因や症状があるのです。

最近は簡単な手術で劇的に改善される場合も多くあるので、もしも悩んでいる人がいれば、恥ずかしがらずに早めに医療機関を受診するようにしましょう。

病院に行くことにためらいを感じる方は、まずは自分でできる包茎改善法をお試しください。