短小包茎の悩み解消.com

短小包茎のお悩み解決サイト

  1. TOPページ
  2. 包茎が女性にもたらすリスク

包茎が女性にもたらすリスク

多くの日本人男性の悩みの1つに包茎があります。

子供のころは誰でも包皮が亀頭を覆っていますが、第2次成長時の亀頭の発育と共に包皮は剥けてしまうのが一般的です。

ところが、実際は勃起したときに手で引っ張れば亀頭は露出するものの、普段、陰茎が委縮しているときは包皮を被ったままという仮性包茎の状態の人が多いのです。

しかし、いくつかの理由でこの状態は最悪と言っても過言ではありません。

自己のみならず、パートナーにも迷惑をかける包茎を放置することはリスクでしかないのです。

包茎によって害されるパートナーの心身への影響について解説します。

包茎による子宮頸がんのリスク

包皮が亀頭を覆ったままだと、包皮と亀頭の間に尿や汗が付着し、常にじめじめします。

雑菌の繁殖の原因ともなり、梅雨時から夏にかけては異臭が漂うこともあるでしょう。
さらに数日洗わない等不潔の状態のままにしておけば恥垢が溜まりやすくなります。

恥垢は女性の子宮頸がんの原因の1つなので、自分だけではなくパートナーにも迷惑をかけます。

包茎を誤魔化す行動が付与するリスク

包皮が陰毛を巻き込んで引っ張るので、痛みや気持ちの悪さを感じます。
人目のつかないところでパンツの中に手を入れて包皮を剥かなければ1日が過ごせないようになり、落ち着きません。

余りの気持ちの悪さに、つい人目のあるところでパンツの中に手を入れてしまえば、場合によっては変態扱いされかねません。

そのような奇怪な行動をとる男性の彼女というレッテルを貼られることは耐えがたいものです。

包茎が引き起こす性行為へのリスク

包皮が亀頭を覆っているため亀頭の発育が妨げられます。
先端の細いいわゆるカリ細の陰茎になり、女性に堂々と見せることができません。

性感の発達も損なわれてしまい、射精のコントロールが思うように効かず、早漏や遅漏などの膣内射精障害という症状を起こしやすくなります。

早漏の場合は、女性が満足することなく男性が果ててしまうために女性が不満に思い人間関係に支障を生じます。

遅漏の場合は、いつまで経っても男性が逝かないために、最後には女性が苦痛を訴え、セックスの相手をしてくれなくなります。

包茎の劣等感が招くリスク

包茎の男性は精神的に自信が持てないということがあります。
銭湯などの公衆浴場で人目が気になったり、他人と比べてコンプレックスを感じたりします。

また、女性と交際ができない、たとえ交際をしてもセックスまでは誘えないなど、自信のなさが態度に如実に現れてしまいます。
自分が包茎であると言う劣等感が常に男性を委縮させるのです。

そのことが次第にパートナーの不満へと拡大します。

ここに挙げた事例だけでも、包茎がどれだけパートナーの迷惑となるかおわかりいただけたかと思います。

精神的にも肉体的にもダメージを引きずったまま人生を送るのは最悪です。

自分自身の未来のためにも、パートナーの女性の身を守るためにも、男性の責任として包茎治療を受けましょう。
悩んでいる時間があるのなら、すぐに治療を受けましょう。

手術を受ける方はまずこちらの口コミをご覧ください。

手術の前に自分でなんとかしようと思われる方はこちらをご覧ください。