短小包茎の悩み解消.com

短小包茎のお悩み解決サイト

  1. TOPページ
  2. 女性が求めるペニスサイズ

女性が思う理想のペニス

男性はペニスに、短小・包茎・早漏といった様々な悩みを抱えています。

とくにセックスシンボルでもあるペニスが小さい事は男性の深刻な悩みへとつながっていきます。

一方、女性はどんなペニスを理想としているのでしょうか?

多くのサイトなどに大きさやそのカタチについての事が書き込まれていますが、かなり理想が高い事はわかります。

それについてまとめてみたので参考程度に読んでみて下さい。

女性が求めるペニスサイズ

ペニスの長さ、太さ、硬さの観点から解説します。

【ペニスの長さ】

多くのサイトには平均的に好まれるサイズが年代によってバラバラだったので、おおまかですがまとめてみました。

・20代の前半…13~16cm
・20代の後半…15~17cm
・30代…15~18cm

年齢が上がるにつれて求めている長さが増えています。

また、日本人男性の平均サイズは13cmとなっているので、残念ながら求めている長さには到達していないです。

ですが、落ち込むことはありません。
というのも、女性の膣の長さは6cmからあっても10cmとなっています。
最低でも10cmあればまったく問題なくSEXすることはできますし、あくまでも理想になり個人差があるので、相手が求めているとは限らないので落ち込むことは禁物です。

【ペニスの太さ】

勃起状態の1番太い部分を計った平均サイズは3.5cm、外周はだいたい11cmと言われています。

男性にも分かると思いますが、膣の中に挿入した時に締まっている方が気持ち良いと感じますよね?
男女ともに密着している状態は気持ち良いということです。

またオルガズムに到達しやすくもなります。
なので女性も太さを求めています。

どれだけの太さかという事でなく、どれだけフィットするか、つまり相性が重要だという事になってきます。

なので、長さよりも太さを重視する女性もいるようです。

【ペニスの硬さ】

SEXにおいて気持ち良さを求めるのであれば硬さは大切になります。

ここは、日本人男性が自信をもっても良いところです。
といのも、日本人男性のペニスの硬さは世界でも1、2位を争うほど硬いと評価されているからです。

SEX中にペニスがより硬くなる事で、女性もそれを感じてさらに興奮を高めることが出来ます。

フニャフニャであれば挿入中に抜け落ちることや「SEXに集中していない?!」と思われることもあります。
なので興奮具合を計る意味やSEXをやり遂げられるかが肝心な部分になるので、硬さは大切になります。

短小?包茎?ペニスにまつわるエトセトラ

男性にとってペニスは男性のシンボルと言っても過言ではありません。
女性のバストに近いものがあるでしょう。
そのため、ペニスの形や大きさに敏感になってしまいます。

ここではまず、ペニスサイズの概要と、短小や包茎などのペニスの状態について解説します。

世界のペニスサイズと日本の平均

男性が気になる性器問題として多いのが、ペニスサイズについてです。
サイズと言っても太さではなく長さを気にすることが多いのです。
長さを重要視されているのは、包茎との兼ね合いもありますし、性行為するとき膣の奥まで挿入できることが関係しているとされています。

男性なら誰しも気になるものですが、男性同士でペニスを比較することは少ないです。
平均サイズが分からないため、自分のペニスに自信を持って良いものかどうか判断がつかないと悩んでしまいます。
その判断材料としては、いろんな企業団体が世界のペニスサイズの平均を調査した結果を参考にすることができます。
調査の仕方によってその結果に多少の誤差が生じてしまいます。
しかし、どの調査も地域性について一定の共通性を見出すことができます。

世界の平均ペニスサイズ比較

基本的に世界のなかでペニスサイズの平均が大きいのは、ヨーロッパと南米が上位にランクインされています。
そのサイズは16cmから18cmとなっています。

その次が欧米です。
比較的大きいイメージを抱いている人が多いのですが、ヨーロッパ、南米には負けています。
そのサイズは12cmから17cmとなっています。

欧米の下にアジア圏、つまり日本がランクインしています。
アジアの平均サイズは9cmから13cm、日本では11cmから13cmが平均となってます。

とりあえず、日本人ならば12cmあればペニスについて自信を持っていいでしょう。

【平均ペニスサイズ】

第1位
ヨーロッパ/南米
→16cm~18cm

第2位
欧米
→12cm~17cm

第3位
アジア圏
→9cm~13cm

※日本人男性の平均ペニスサイズ
11cm~13cm

地域によってペニスサイズに違いがあるのは、いろんな要因があるとされています。
遺伝的なものもあれば、気候や気温などの環境によるもの、さらには食生活にも関係があるとされています。

特に最近では食生活に注目が集まっています。
なぜならば、遺伝的要因や環境的要因ではどうにも抗うことができませんが、食生活なら改良する余地があるからです。

もちろん、食生活だけでなくサプリメントなどの健康食品でもいいわけです。
実際に最近ではペニスを大きくするサプリメントなどが販売されているほどです。

このように、ペニスの大きさはいろんな要因があり、それを改善することでさらに大きくなる可能性もあるのです。

そのため、世界のペニスサイズにも今後変化が起こる可能性も十分にありえます。

この先も調査は進められていくので、もしもペニスの大きさが気になる人はその結果に注目していくべきでしょう。

短小包茎と早漏の関連性

この短小包茎と早漏にも因果関係があります。
と言いますのも、包茎で普段から亀頭への刺激が少ない為に、セックスの時、女性へ挿入した時の気持ちよさが我慢出来なくなり、女性が喜んで感じ始める前にひとりだけ先に射精してしまうのです。

ですから、短小+包茎=最悪となってしまうのです。

仮性包茎の方も、普段から意識して亀頭を出すように努力していればまだましなのですが、真性包茎やカントン包茎の方は、そういう訳にもいきません。

つまり男性性器の悩みは、短小や包茎に早漏と色々ありますがどの悩みにも通じる物があり、早漏だけの悩みならまだ自分の力だけで克服する事も出来るかもしれませんが、短小包茎は自分の力だけでは克服する事が出来ないと言う事です。

真性包茎の方が、自己流で無理矢理に亀頭を出そうと思っても無理がありますし、下手をすればペニスを傷つけてしまう事もあります。
特にカントン包茎の場合ですと、激しい痛みすら伴ってしまいます。

ではどうすれば、短小や包茎を克服する事が出来るのでしょうか。
それは、恥ずかしがらずに専門医に診察してもらう事です。

ネットで探せば、どの県にも男性の悩みに対する専門医はすぐ見つかります。
恥ずかしいのは、最初に先生と話をする時だけで診察や治療が進むたびに、恥ずかしさより希望の方が大きくなります。

男性自身の悩みは、現在や未来のパートナーの悩みにもなりますのでもし悩んでいるのであれば、勇気を出して専門医の門をたたけば解決できます。

しかしどうしても医療機関のお世話にはなりたくない、なんとか自分で克服したい、という方は下記ページをご参照ください。

短小や包茎を改善する手助けとなるはずです。